PDF変換ツール

ツール

このツールに関するいくつかの情報

PDFコンバーターは、マネージャー向けの計画ツールです。 これはスペースを節約し、互換性が高いためです。 ファイルが変更されないように、市販のPDFコンバーターのタイプを考慮することも重要です。

PDFとしてより一般的なPortable Document Formatは、コンピューター作業で国際的に使用されています。 これは、転送する安全でシンプルなファイルについて話しているためです。 印刷に関しては、その利点に違いはなく、多機能の連続インクの効率を十分に活用することを受け入れる複数の利点があります。

あらゆる種類のファイルをPDFに変換することにより、その外観はすべてのメディアで同じになります。 ただし、印刷されたドキュメントとは対照的に、PDFファイルにはリンクとボタンを含めることができます。 そこでクリックして、フォームフィールド、ビデオ、オーディオを作成できます。 また、一部のプロセスを自動的に実行するプログラミング。

情報を統合するためのこのような種類のオプションはすべて、PDF形式のさまざまな種類すべてが考えるものです。

PDFコンバータとしてPDFxがあります。

PDFx形式は、紙に印刷するための標準形式です。 これは重要なポイントです。 それは紙に複製される予定のフォーマットであり、その中のすべての情報はそのために必要不可欠です。

PDFx形式は認定済みの形式です。つまり、エクスポート開発が完了すると、ファイルは推定どおりに機能することが認定されます。 驚く様な事じゃない。 フォーマットの実行に不都合がある場合は、対応するエラーを修正できるように通知してください。

さらに、これは「高品質印刷」フォーマットとの関係で最も重要な違いであり、複製に必要のないすべての余分な要素を破棄します。

「高品質印刷」形式では、ファイル内のすべてがアーカイブに保持されます。 300ピクセルの解像度で画像を配置し、それを50%削減した場合、600ピクセルの解像度、300ピクセルの画像があります。 画像を「貼り付け」で切り取った場合、画像の一部のみが視覚化されていても、画像全体がPDFとともにエクスポートされます。

PDFxでは、これは起こりません。 エクスポートにより、不要な情報が削除され、プラスの解像度で画像が削減され、メタデータ、リンク、ビデオ、サウンドなど、プリントショップでの複製に不可欠ではないすべてのものが削除されます。また、必要に応じて、可能性があります。すべてのカラーマップを一致させて、ファイル全体を統一します。

そのため、「高品質」ファイルは数メガバイトかかることがありますが、PDFx品質ではほとんどかかりません。 余剰は解消されました。 これはPDFコンバーターの利点のXNUMXつです。

すべてのPDFコンバーターの再開

ここでPDFをANYに変換できますが、以下にある他の特定のコンバーターも提供しています。

あなたがそのコンバーターに興味があるなら、それらを訪問することを確認してください。

PDFxバリアント

IllustratorまたはInDesignからエクスポートする場合、PDFx-1、PDFx-3、PDFx-4があります。 それらの違いは最小限ですが、不可欠である可能性があります。

PDFx-1は、グレースケール、CMYK、ダイレクトインク用紙の基本フォーマットです。 つまり、転送する情報はそれだけです。 これは、CMYKとRGBの両方で、同じファイルがオンラインで表示されるか、デジタルで配布される場合に備えて、元の情報をRGBで保持することが時々あるためです。

PDFx-4は、以前のすべての情報に加えて、透明度と情報のレイヤーを容易にします。

新しいPDFx-5もあり、Webでリンクされた画像で構成されるPDFを予測する他の人の画像を使用する可能性があります。

PDFコンバータ

これらはPDFコンバーターの主な利点です

互換性

PDF形式は、PCでもスマートフォンでも、どのオペレーティングシステムでも表示できます。 多くのソフトウェアプログラムはPDFリーダーとして機能しますが、最も一般的なのはAdobe Readerです。 これは無料で広く利用できます。 この奇妙な形式のドキュメントは、読みにくくなるでしょう。

印刷速度

PDFファイルは、元のファイルにリンク、ビデオまたはサウンドが挿入されておらず、その他の読みにくい要素が含まれていないようにします。 このため、それらは印刷キューに入るときに、より俊敏に処理されます。 これは、連続インクプリンターの俊敏性に追加され、多機能の効率を高めます。

高速ファイル

内部に画像があるドキュメントは、ほとんどの場合、特に写真が高解像度の場合、サイズが数MB増加する可能性があります。 PDFに変換すると、品質に影響を与えることなく、ファイルのボリュームを大幅に削減できます。 これは、ファイルをメールで送信したり、印刷する前にクラウドに保存したりする場合にも便利です。

情報セキュリティー

機密情報や専有情報を話す場合、この側面は重要です。 PDF形式を使用すると、読み取り、コピー、および印刷権限のキーを簡単に暗号化して使用できます。

インターネット経由でファイルを送信する場合、または保護されていないネットワーク環境で作業している場合は、情報が侵害されないようにする可能性があります。 セキュリティは、PDFコンバーターを他のファイル編集オプションと区別するもうXNUMXつの機能です。

デザイナーのためのスペシャル

グラフィックインターフェースプロジェクトで作業するときは、最終的な印刷結果が画面に表示されるグラフィックで正しいことを確認する必要があります。

デザインをPDFに変換すると、カラーマッチングの失敗や、画像のある種の歪みが減少します。 デザインを他の人に送ることもできます。

PDFファイルを使用すると、プログラムの異なるエディションや使用できないタイポグラフィがないために変更が加えられないことが保証されます。

PDFコンバーターもいくつかの利点を示しています

優れたデータ圧縮。 データ圧縮アルゴリズムは、基本的に損失なしで機能します。 グラフィックスには向かないかもしれませんが、契約書、ハイライトリスト、技術文書、またはその他の専門レベルの作業に適した代替手段です。

無料で使用できます。 DjVu形式で使用する特定のプログラムを見つけるのは困難です。 一方、すべての企業には、PDF形式を開いて読み取るための無料のプログラムがあります。 さらに、適切なプログラムがない場合は、www.adobe.comにアクセスして、サイトで直接PDFファイルを作成できます。

ISOレベルがあります。 PDFには、ファイルドキュメントをホスティングし、企業間で情報を交換するためのレベルがあります。 一部の専門家は、世界中の複雑なレベルでデジタルドキュメントフローシステムにそれを使用しています。

最も安全な形式と見なされています。 IT専門家の何人かは、この形式には情報を不正アクセスから保護する特別なセキュリティ手段があると主張しています。 おそらく、そのレベルの追加のセキュリティを教えることができる他の形式はないでしょう。 ドキュメントのセキュリティは、ITプロフェッショナルと一般の個人の両方によって頻繁にテストされています。 全員がこの見解を支持しています。

略語PDFおよびインターネット。 一部の個人は、略語PDFはDjVuより覚えやすいと考えています。 同じ個人が、DjVuがグラフィックブックに適した形式であると信じていますが。

彼らは、コースや他のタイプの文学がPDF形式でより広く普及していると主張しています。 さらに、彼らはどこからでも不便なくこのフォーマットを開く可能性があることを知っています。

ドキュメントをPDFに変換する理由

互換性。 PDFファイルは、どのオペレーティングシステムでも表示できます。

構造とフォーマットの整合性。 ドキュメントをPDFで転送または共有する場合、インターネット、メール、または直接転送(USBなど)を介して、ドキュメントの構成、フォーマット、および特性の要素が保存されます。 これにより、PDF形式ではないマシン間でファイルを移動するときに発生する可能性のあるマージン、スペース、色などの変更を回避できます。

ファイル圧縮。 PDF変換の優れた利点のXNUMXつは、ファイルを圧縮できることです。 これを行うと、ファイルのボリュームを大幅に削減でき、ファイルが小さい場合は、インターネット/電子メールを介したアップロードとダウンロードが簡単になります。

セキュリティと保護。 PDFで形成されたドキュメントは、インターネットを介してより安全な方法で共有される可能性があります。たとえば、暗号化したり、キーを使用して、印刷、コピー、読み取り、開いたりといったいくつかの習慣を拒否できます。 。

PDFコンバータ

一例として、作品のサンプルを印刷して送る場合は、印刷やコピーに制限を設けることができるので、知性やデザインを必要とする作品の盗用に安心です。 開始制限は、機密性のあるファイルの整理にも役立ちます。この場合、キーは適切な人物と通信でき、ファイルが他の人の手に渡った場合、彼らはそれなしではファイルを開くことができません。そのキー。

印刷サービスのスピード。 PDFで印刷するためにドキュメントを印刷すると、作業を処理する効率が大幅に向上します。 これらすべてにより、ドキュメントがXNUMXページに収まるというフォーマット、マージンの変更の不便さが基本的に排除されます。

PDFファイルを多数の形式に変換するためのXNUMXつのユーティリティ

SmallPDF:このオンラインユーティリティには、PDFドキュメントを入力するための膨大な設定があります。 PDFの圧縮から、PDFをPowerPoint、Word、Excel、JPGなどに変換し、ファイルの品質を維持します。 PDFを変更、結合、分割、または回転することもできます。これにより、ファイルに署名を追加して処理することができます。 また、インストラクターがPC、Dropbox、またはGoogleドライブからファイルをアップロードしやすくなります。

PDF2GO:このユーティリティを使用すると、PDFファイルをオンラインで簡単に変更し、テキスト、画像、または幾何学的図形を追加できます。 ただし、内部には画像または.docからPDFへのコンバーターもあります。 PDFをアップロードしてWord、画像、PowerPointファイルに変換するのも簡単です! この方法で、PDFファイルの圧縮、ボリュームの変更、ページの並べ替え、またはそれらの削除を行うことができます。

I Love PDF:これはSmallPDFとして非常に完全なユーティリティであり、PDFの結合、PDFの分割、OfficeドキュメントのPDFへの変換、JPG画像のPDFへの変換を容易にします。これ以上、それをインストールしたりレジストリを作成したりする必要はありません。

PDF Converter:別のオンラインユーティリティを使用すると、PDFをWord、Excel、PowerPointに簡単に変換できます。 これは非常に基本的な要素を備えたサイトですが、オンラインPDFを単語に変換してコンテンツを更新することができます

公式をご覧ください アドベ ウェブサイトと公式 Office ウェブサイト。

PDFコンバーターを試す

この無料のオンラインPDFコンバーターを使用して、ドキュメントと画像をPDFに変換します。 インターネットアドレスを入力してHTMLをPDFに変換することで、Webサイトのスクリーンショットを撮ることもできます。 ファイルをアップロードして、一時的にPDFに変換します。 または、インターネットアドレスを入力すると、リンク先のファイルが変換されます。

オンラインPDFコンバーターは、Microsoft Word文書をPDFやその他のいくつかの形式に変換することもできます。 PDFファイルのページの回転、マージ、整理などのより目立つ設定が必要な場合は、この無料のPDFエディターユーティリティを使用できます。

画像やPDFを数秒でJPG形式に圧縮

この時代には、何百万ものあらゆる種類のファイルがディスクエンティティに保存されています。これらのファイルは、ときどき無限の情報を最適化しないと、使用可能なスペースを徐々に占有します。

この消費量は、現在使用しているマルチメディアファイル(ビデオ、音楽、写真)について話すときに根本的に明らかになるものです。 また、ホスティングエンティティに保存するファイルに使用する形式の種類に関連して、これらの領域が多かれ少なかれ占有され、XNUMXつの形式と別の形式との間でいくつかの機会が異なり、非常に不可欠です。

同時に、これらのファイルから実行する使用の種類に関連して、とりわけ、あるフォーマットを別のフォーマットよりも使用することが魅力になります。 ちなみに、メールで送ったり、コミュニティで送るよりプロのレタッチ作業で使う写真とは違います。